スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

銀色のシーズン

 2009-11-30
間もなく12月に突入。
ウインタースポーツを愛する者には、たまらない季節がやってきた。

しかし、「雪」には、全く無縁の温暖な地「静岡市」
標高1500mに位置する、天空の別天地「乗鞍高原」で雪山案内のガイドをしていた当時の記憶が懐かしく思い出される。
今はどうだろう!?すっかり「静岡仕様」の体に様変わりしている自分がいるのだ(~_~;)

颯爽と雪煙をあげて極端な!?後傾姿勢で滑る人物は・・・!?
「風」になるDUKE店長の巻
何を隠そう、わたくし「DUKE店長」!!!なのだ(*^^)v
乗鞍岳山頂からの、※「バックカントリー」でのスノーボードRAN。
澄み切った「濃紺の青空
極上の「パウダースノー
後ろ遠くに見える峰々は、神が創りし「穂高連峰
これ以上ない最高のロケーション!!
※パックカントリー=直訳すると「裏山」=スキー場のゲレンデ外

なんとこの写真、今冬の「乗鞍高原観光ポスター」のド真ん中に採用されている事が先日発覚(@_@;)
困るなぁ。聞いてないよぉ(・。・;事務所通してもらわないとさぁ(ー_ー)!!
(お近くのスポーツ店(シラトリ等)にお立ち寄りの際には、乗鞍観光ポスター見てみて)

そして・・・
自分に浸る「PJ峰」
乗鞍岳山頂を見上げ、自分に浸る!?「男」ひとり・・・・
そう!以前当店ブログにも登場した、乗鞍高原のセックスシンボル「PJ峰氏」である。
なかなかの絵になってませんか(>_<)
写真を撮ったのが、ガイド業時代に「手ぶれ王」の称号をほしいままにした、わたくしDUKE店長!
渾身のショット。(静止画ですが(^_^;)

暖冬傾向にあると言われている昨今。
この冬、上質の雪を求めている方におススメなのが、ここ「乗鞍高原
標高1,500mに位置し、最高のスノーシーンをお約束。
そしてこの冬は絶景(氷爆の滝、雪原の世界、etc)を求めて、「バックカントリー」を楽しんでみては!
(注)バックカントリー初心者の方は、雪山経験者若しくはガイド同行をお勧めします。

ちなみに乗鞍高原では、DUKE店長が以前所属していた「ODSS」というガイド会社がおすすめ。
地元の名物ガイド!?PJ峰氏(写真)が、お腹いっぱいにしてくれますよ\(◎o◎)/
「みねちゃんで~す」
ハンドパワーで「」を熾してる!?何者なの!?(@_@;)
※ツアーガイド会社「ODSS」のホームページは、「ODSS」で検索。

さて、明後日からお店を休業し、三浦半島シーカヤックキャンプに行ってきま~す。
共にするのは・・・
PJ峰氏!マル氏!!(・。・;
何かイヤな予感(@_@;)
以前にもこの3人で山に入った時、「クマに遭遇」!!
という出来事もあったりした\(゜ロ\)(/ロ゜)/
今回も絶対何かハプニングあるぞぉ(;一_一)

追伸:
今回のブログ内容は、個人的に好きなフィールドの紹介であり、
商業的意図、ODSSの営業マンでは決してございません<(_ _)>
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://knetc.blog47.fc2.com/tb.php/87-b77d48e4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。