スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

探訪我が町「羽鳥」

 2010-05-31
じーにょの生まれ故郷、静岡市「羽鳥地区」
ここに越してきて早2年が経過しようとしている。
「安倍川」とその支流「藁科川」の合流点に程近く、
生活圏の中に程良く自然環境が豊か!!
個人的には気に入ってます(>_<)

全国一の広大な面積を誇る静岡市。
ゆえに静岡市街地に住まう者から言わせると・・・
「安倍川」(市街地南側を流れる一級河川)以北の地域の事を総称して、
田舎者のレッテル「川向こう」という表現を使う者も(-_-メ)
一昔前までは、まさに「羽鳥地区」はその代表格!?だったとか否か(-.-)

そこで本日、羽鳥の魅力再発見「散歩で散策!我が町・羽鳥」決行!!
同行するは、本日お熱があり、保育園を休園中の「cannonさん」(T_T)
病人なら病人らしく大人しくしてくれればヨシ、なのだが。。。
「クック(靴)、クック(靴)、アッチ、アッチ」(外で遊びたい合図)
って「元気いっぱい」(●^o^●)
だから、問題なし!(^^)!

まずは、水質日本一!?の清流「安倍川水系藁科川」の左岸より、
史跡「木枯らしの森」を望む。
木枯らしの森
以前のブログでも紹介したこの場所!
清少納言の「新古今和歌集」でも登場する素晴らしき原風景。
護岸工事が行われてしまい、若干残念な部分もあるのだが・・・

そして、幻の寺「建穂寺」(たきょうじ)
観音堂の左右には、如来像2体が威風堂々来る者を迎える(・。・;
建穂寺
建立時期は、白鳳年間(654年~669年)まで遡るらしい(@_@;)
かつては、この寺を中心に栄華を極め、駿河の国で勢力を誇っていたという。
今ではシンジラレナイ(>_<)

そして、「聖徳太子ゆかりの寺!?」と言われている、
浄土宗「極楽寺」
極楽寺
何で「聖徳太子」にゆかりがあるのか!?
住職に問うてみたかったが、人っ気なし。
またの機会にしよう( ..)φ

わんぱくcannonさんはというと・・・
心地良い初夏のそよ風と、バギーの振動にヤラレ、「スヤスヤ」お昼寝中。
普段は滅多に口にする事がない「アイス缶コーヒー(甘口)」を自販機で購入!
木陰で一杯。。。
つかの間の「静寂」なひと時を勝ち得た瞬間であった!(^^)!
極楽極楽( ^^) _U~~

まだまだあるど、羽鳥の魅力・・・
【続・探訪我が町「羽鳥」】をお楽しみに。。。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://knetc.blog47.fc2.com/tb.php/174-2f125b7c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。