スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

日本代表の野望と現実

 2010-02-15
「1-3」
韓国に惨敗を喫した昨日のサッカー日本代表。
サッカーの聖地「国立競技場」で行われた試合に限れば、
実に30年間も韓国に勝てていないという。
(1979年の日韓定期戦が最後の勝利)
こんな事が許されるのであろうか(-_-メ)
「韓国代表」と言えば、どんなスポーツでも、
「対日本戦」になると闘志むき出しでガチンコでくる。
そして、勝率は遥かに日本より上回る。
昨日の試合も例外ではなかった・・・

我が家の家宝!?
「日本代表 栄光と挫折の50年闘争史」
我が家の家宝
前回の06ドイツW杯の出場を記念し、日刊スポーツ新聞社より発行された本誌。
一部の栄光と、大半の挫折が当時の紙面を通じ、読み取る事が出来る。

そして、日本代表50年の大半の挫折が、
「韓国代表」によってもたらされたものばかりなのだ(ー_ー)!!
「韓国の壁厚く・・・」
「野望ソウルに散る・・・」
「韓国戦、ロスタイムに尽きる・・・」
「五輪遠のく韓国戦・・・」
「韓国打倒ならず・・・」
というように・・・

冒頭記述したように、韓国は対日本戦にはメッポウ強い!
日本国内では韓国代表の事を「永遠のライバル」というような表現をするが、
小生に言わせると、悔しいが、
今の実力では、「ライバル」という表現は韓国に失礼だ。
むしろ、韓国代表の「球際の強さ」は、日本のそれを圧倒する。
タックルで吹き飛ばされる日本人選手達・・・

そして、「決定力の欠如」は語らずともご存じのとおり(T_T)/~~~
往年の名選手「釜本」みたいな絶対的なストライカー求む!
思えば、日本サッカー低迷期の時代でも、常に「期待」が抱ける選手が日本代表には存在していた。
「釜本 邦茂」
「奥寺 康彦」
「木村 和司」
「ラモス 瑠偉」
「三浦 知良」
「中田 英寿」
今は、誰かいる(?_?)
今の日本代表の主力って、皆様ピークを過ぎたお年頃(30歳前後)ですよね!

ココで、ある提案が浮上!!??
「朝青龍待望論」である。。。
①球際には強く、当たり負けしない。
②現在無職
③何よりサッカーが好き。
 わざわざモンゴル帰ってお忍びサッカーしなくてもいいんですよ!!
 広~いピッチで暴れまわって下さいよ<(_ _)>

岡田監督!条件揃いましたぁ!(^^)!
平山に代わる「ポストプレーヤー」にいかが!?

間近に迫った、W杯本大会(4ヶ月後)
サッカーをこよなく愛する者から言わせてもらうと、
目標は「ベスト4」なんてもう言わないで、
現実を直視し「まずは1勝」目指しましょ!!

アフリカの地で世界に笑われる前に・・・

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://knetc.blog47.fc2.com/tb.php/126-3211078c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。